概要  沿革

     エンプラ技術連合会は、昭和53年(1978年)3月にポリアミド樹脂技術研究会等10樹脂団体の発起により設立された工業用
     熱可塑性樹脂樹脂連絡会(エンプラ連絡会)を母体として、平成11年度よりエンプラ技術連合会(Japan Engineering Plastics
     Technical Committee)に名称を変更しました。
 沿革 委員会の変遷
 1977年 エンプラ電取法連絡会幹事会を立ち上げ 
 1978年 エンプラ電取法連絡会幹事会を母体に工業熱可塑性樹脂連絡会(エンプラ連絡会)を設立 
 1986年  委員会制度導入(電取法、ISO、添加物対策臨時)
 工業用熱可塑性樹脂技術連絡会に改称 
 1987年  広報委員会設置、添加物対策臨時委員会の解散
 1990年  廃プラ委員会の設置
 1993年  廃プラ委員会を環境委員会に改称
 1999年 エンプラ技術連合会に改称