製品設計/成形加工の手引き(第2版)
(1996年10月)

  製品設計や成形加工時に、そのエンプラ(エンジニアリングプラスチック)の特徴を正しく反映させるために、樹脂ごとに注意点を記載した。同じ樹脂でも非強化・強化や難燃・非難燃により注意点が異なる。

【目次】
1.PA
  ・ポリアミド6/PA6(非強化<非難燃及び難燃>)
・ポリアミド6/PA6(GF30%強化<非難燃及び難燃>)
・ポリアミド6/PA6(ミネラル強化<非難燃及び難燃>)
・ポリアミド66/PA66(非強化<非難燃及び難燃>)
・ポリアミド66/PA66(GF30%強化<非難燃及び難燃>)
・ポリアミド46/PA46(非強化<非難燃及び難燃>)
・ポリアミド46/PA46(GF30%強化<非難燃及び難燃>)
・ポリアミド11及び12/PA11及びPA12(非強化)
・ポリアミド11及び12/PA11及びPA12(GF30%強化)
・ポリアミドMXD6/PA MXD6(GF30%強化)
・変性ポリアミド6T/変性PA6T(GF35%強化)
・ポリアミドエラストマー(非強化)
・非晶ポリアミド(非強化)
2.POM
  ・ポリアセタール/POM(一般グレード)
・ポリアセタール/POM(GF強化)
・ポリアセタール/POM(高潤滑)
・ポリアセタール/POM(耐衝撃)
3.PC
  ・ポリカーボネート/PC(非強化<非難燃及び難燃>)
・ポリカーボネート/PC(GF強化<非難燃及び難燃>)
・ポリカーボネート/PC(光学グレード)
・ポリカーボネートアロイ/PC・ABS(非強化<非難燃及び難燃>)
4.変性PPE
  ・変性ポリフェニレンエーテル/PA系PPE(非強化<非難燃及び難燃>)
・変性ポリフェニレンエーテル/PA系PPE(強化<非難燃及び難燃>)
・変性ポリフェニレンエーテル/PS系PPE(非強化<非難燃及び難燃>)
・変性ポリフェニレンエーテル/PS系PPE(強化<非難燃及び難燃>)
5.PBT
  ・ポリブチレンテレフタレート/PBT(非強化<非難燃及び難燃>)
・ポリブチレンテレフタレート/PBT(GF強化<非難燃及び難燃>)
6.PET
  ・ポリエチレンテレフタレート/PET(GF強化<非難燃及び難燃>)
・ポリエチレンテレフタレート/PET(GF強化、易結晶<非難燃及び難燃>)
7.PPS
  ・ポリフェニレンサルファイド/PPS(非強化)
・ポリフェニレンサルファイド/PPS(強化)
8.PAR
  ・ポリアリレート/PAR(非強化<一般グレード>
・ポリアリレート/PAR(非強化<不透明アロイ>
9・LCP
  ・液晶ポリエステル/LCP(全芳香族T型、GF30%強化)
・液晶ポリエステル/LCP(全芳香族U型、GF30%強化)
・液晶ポリエステル/LCP(半芳香族U型、GF30%強化)
10.PES
  ・ポリエーテルサルフォン/PES(GF30%強化)
11.PEEK
  ・ポリエーテルエーテルケトン/PEEK(強化)
12.TPEE
  ・ポリエステルエラストマー/TPEE(エーテル・エステル型)
・ポリエステルエラストマー/TPEE(エステル・エステル型)
ダウンロードはこちらから(ファイル名:book_05.pdf、ファイルサイズ:50,903KB)